ホーム アコースティックギター Other
Epiphone Masterbilt FT120 Excellente T-O-M 【NEW】
■コンディション:NEW
■トップ:シトカ・スプルース単板
■バック&サイド:オヴァンコール単板
■ネック:メイプル / ウォルナット
■フィンガーボード:エボニー
■ブリッジ:エボニー / ABR-1Gold Tune-O-Matic
■ペグ: Waffleback Gold
■エンドピン:水牛骨コンバージョンタイプ
■スケール:643mm
■ナット幅:43mm
■弦高12フレット:6弦=2.5mm / 1弦=2.0mm
■重量:2.6kg
■ケース:オリジナル・ソフトケース

Gibsonのドレッドノートボディ最上位モデルDOVEよりも高価なギターが1963年にEpiphone ブランドで登場したFT120 Excellenteです。

オリジナルのExcellenteは、1963年から1969年までFT-120の型名で139本、1970年にFT-120Nの型名で2本のみ生産されており、ほとんど市場に出る事のないレアギターです。

1960年代のExcellenteのブリッジは、当時のHummingbirdやJ-45にも採用されているアジャスタブルサドル仕様ですが、何本かノンアジャスタブル仕様が存在します。

30年程前に、アメリカのコレクターからExcellenteのTune-O-Maricを搭載したモデルがあるらしいと聞きましたが、未だに見たことが無い伝説のモデルです。

探しても無いのなら作ろうと、当店オリジナルでT-O-M仕様のExcellenteが完成しました。

本機は、オール単板でワッフルバックのゴールド・ペグを採用し、オリジナル・エクセレンテの雰囲気を再現しつつコストパフォーマンスの高いオール単板仕様のMasterbiltシリーズをカスタマイズしました。

ボディトップのウレタン艶無し塗装を剥がし、ニトロセルロースラッカーで渋いヴィンテージバースト(艶有り)に変更しましたので、鳴りが格段に良くなりました。

ネックの艶無しナチュラルカラーをオリジナルと同じ、艶有りシースルー・ダークブラウンのニトロセルロースラッカーに変更。
※ネックヒールに装着されていたストラップピンを取り外し、穴埋め修正済みです。

ボディ・サイド&バック、ヘッドの艶消し塗装を研磨し艶有り仕上げに変更。

ホットスタンプのピックガードをオリジナル同様の厚めのピックガードを面取りして磨き上げ、手彫りで製作された風格ある高級ピックガードに交換。

Tune-O-Maticブリッジは、ブリッジ形状を修正してギブソン純正のABR-1Gをオリジナルと同じ加工を施し、クロムのラージヘッド・スクリューで搭載。

水牛骨製12mmコンバージョン・エンドピンに交換。

上記のカスタマイズで、高級感溢れるルックスと1ランクも2ランクも鳴りが向上して、元のモデルとは別物と言える逸品に仕上がりました。

このモデルは、ピックアップ無しのピュア・アコースティックギターで3本のみの限定となります。

※カスタマイズ品ですので、メーカー保証は付きませんが、当店の1年間保証が付きます。

Epiphone Masterbilt FT120 Excellente T-O-M 【NEW】
型番 FT120 Excellente T-O-M 【NEW】
定価 375,628円(税込)
販売価格

299,200円(税込)

SOLD OUT