Gibson J-45 ネック折れ

うっかりギターを倒してしまい、大変な事になりました。
真っ二つになってしまった為、諦めモードでご相談を頂きました。
 













折れた部分を接着し、さらに補強材を仕込んで強度を上げています。

折れ方により強度を保てないと判断して、ボリュートを付けました。

ヘッド裏はシースルー塗装なので、普通に接着&塗装をしても、折れた部分の割れ目は大きく傷跡として残ってしまいます。

接着付近にカラーリングを施し、傷跡が分からないように仕上げました。

もちろん、単に色を付けただけでは逆に目立ってしまうため、実際の木目に近いようにカラーリングを行っています。

こうすることで一見したくらいでは、折れた部分の割れ目やカラーリングした部分がどこなのかが分からないくらい違和感なく仕上げることができました。
 
究極のギターリペアTOP