Martin D-28 ネック折れ

ボリュートの下で折れています。










色合せ及び塗装修正も完璧で、どこが折れていたのか全く分かりません。
 
究極のギターリペアTOP