Martin 000-28 裏板バインディング剥がれ

長期間ハードケースに入れっぱなしにされていて、久しぶりに、ケースから出すとボディ・バックのバインディンが全面に渡り剥がれてしまっており、ビックリしてご来店されました。
写真は、バインディング剥がれしか撮影していませんが、裏板のブレーシングも4本全て浮いており、弦を張ったままだったのでネックはネジレが生じていました。
 










究極のギターリペアTOP