Gibson J-45
サウンドホール周り ピック傷 塗装修正


6弦側のサウンドホール周りが、ピックにより木部まで削られてしまい、なんとか修復できないかと、ご相談頂きました。
 









削られた箇所を塗料で平にしてから、リフィニッシュではなく傷周辺のみラッカー塗装で仕上げました

もちろん、単に塗装しただけでは修理した箇所が目立ってしまう為、入念に色合せをしていますので、削れていた事が分らないレベルにまで仕上がっています。
※ギターの色が違って見えますが、光の加減によるものです。
 
究極のギターリペアTOP