Martin D-35
ピックガード交換 & クラック修理


経年変化により、ピックガードが剥がれピックガードに沿ってマーチンクラックがありトップ板が反っていました。
更に、ピックガードの下部からブリッジまで長方形に3ヶ所が割れて、1ヶ所のみでくっついている状態でした。
 









マーチン・クラックは、隙間から接着剤を入れ裏から木片のパッチを当ててトップの反りを修正しました。

ピックガードが貼り付けてあった木地も波打ちがありましたので、ラッカーで木地を塗装して平らにしてから、面取り加工したピックガードを貼った上から、更に塗装して塗り込み仕上げにしました。

長方形に割れて1ヶ所のみで付いていた箇所の修正は、ブリッジを取り外してクラックを接着し塗装修正を行いました。
 
究極のギターリペアTOP